最近さらに寒くなってきましたね。お風呂に入るのがとっても気持ちいい季節です。でも、体が温まったうちに眠らないと、湯冷めして風邪を引いてしまいますよね。。。

そうならないためにも、冬の定番である○○○を使って、お風呂に入りましょう!お風呂から出てからも、ずーっとポカポカですよ。

 

〇〇〇 ⇒ みかん

冬の定番と言えば、こたつに入ってテレビを見ながら、みかんを食べる。ですよね。

みかん好きの方は多いのでは?私は先週ネットで5kg注文しましたが、すでに底をつきそうです。笑

今回、紹介したいのは「みかん」を使った入浴法です。

出典:ツモリア

出典:ツモリア

無限に発生する「みかんの皮」

みかんを食べると、必ず発生するのが「みかんの皮」。普段は捨てていると思いますが、大事にとっておきましょう。

入浴法は「みかんの皮」を浮かべるだけです。でも少しだけ、下準備が必要です。

出典:NAVERまとめ

出典:NAVERまとめ

①まずはみかんを洗いましょう。

市販のみかんにはワックスや農薬がかかっているからです。無農薬のみかんなら必要ありません。

②みかんを天日干ししましょう。

約1週間で水分が無くなります。1週間、待てない人は電子レンジを使って乾燥させましょう。重ならないように並べて、裏表2分ずつで出来上がりです。

下準備ができれば、あとは湯船に浮かべるだけです。ガーゼや布に包む、もしくは洗濯ネットに入れてしまえば簡単です。量の目安はみかん4~5個分です。

 

みかん風呂の効果

・皮に含まれる「リモネン」という成分のおかげで、保温効果

・ビタミンCやクエン酸でお肌がスベスベになる

ビタミンCやクエン酸が肌をすべすべにし、皮に含まれるリモネンという成分が肌に膜を作って保温してくれます。

出典:with BEAUTY

 

保温効果をさらに上げるためには。

みかん風呂に「塩」追加するだけで、効果が倍増します。

塩100グラムにみかんの皮を足したお風呂に10分間入る新たな実験を行ったところ、塩と精油のダブルパワーで、普通のお湯よりも入浴10分間で2倍、湯あがり10分後で1.6倍深部体温が上昇。

出典:みんなの家庭の医学

 

塩を追加するときは2点、気をつけて下さい。

  1. 入浴後はかならずシャワーで塩を洗い流しましょう。塩が残ると肌が乾くと結晶化してしまいます。
  2. 追い焚きに注意しましょう。追い炊きを行うと、給湯器のパイプの中を塩水が循環することになります。パイプが錆びる原因にもなりますので、やめておきましょう。また、追い焚き以外にも全自動機能、24時間風呂、などの循環機能は停止しておきましょう。
出典:EPARKママこえ

出典:EPARKママこえ

 

【番外編】おいしいみかんを見分ける方法

見た目で選ぶ条件は?

「色が濃い>キメが細かい>重量感がある>軸が細い

出典:観音山フルーツガーデン

出典:観音山フルーツガーデン

出典:観音山フルーツガーデン

出典:観音山フルーツガーデン

出典:観音山フルーツガーデン

出典:観音山フルーツガーデン

出典:観音山フルーツガーデン

今年の冬はおいしいみかんをたくさん食べて、みかん風呂を満喫しましょう!