あ~とっても気持ちよかった~

っとお風呂からあがり踏み出した一歩目に

がっかりしたことありませんか?

布製のバスマットでは、はじめの人は濡れていないため

気持ちよく使えますが、2人目以降はびしゃびしゃで

イヤな思いをしますよね((+_+))

1人1枚バスマットを使うわけにはいかない、、、

この問題を解決してくれるのが、珪藻土バスマット!!!

少し前にはマイクロファイバーのふかふかマットが

人気になりましたが、感覚は真逆!

珪藻土バスマットはコンクリートのようなかたさです。笑

 

そもそも珪藻土ってなに??

珪藻(ケイソウ)は藻類の一種で、

光合成を行う独立栄養生物で葉緑体を持っています。

なので、呼吸する土で作ったバスマットともいわれています。

珪藻土は昔から火に強い土として、

七輪、コンロなどの原料として使われてきたそうです。

珪藻土の性質は耐火効果だけでなく

いいことづくしの珪藻土の6つの効果

①調湿効果

②消臭効果

③耐火効果

④自浄効果

⑤省エネ効果

⑥遠赤外線効果

出典:EM珪藻土

このように珪藻土には良い効果がたくさんあり

バスマットだけでなく、壁につかったり、コースターに使ったりと

さまざまな商品展開がされています。

 

一体どれほどの吸収力なの??

はじめて使ったときの新感覚は驚きです!!

乗った瞬間スーっと吸収していく感じ(^O^)

すぐに乾いて驚きの吸収力!!!

乾きの速さを少しでも伝えたい

ということで

我が家にある珪藻土マットで試してみました(^^)/

カラカラに乾いたマットに

マット1

↓↓↓

霧吹きでひとふきしました。

まっと2

↓↓↓

わずか30秒もたたずに

スーっと吸収していきました!!!

まっと3

↓↓↓

1分後

少しばかり霧吹きの跡はあるものの

手でさわってみてもさらさらでした(^O^)

まっと4

最後の方に入る人でも

気持ちよく使えることはうれしいですね(^^♪

 

でもコンクリートのようにかたくて

布製じゃなかったら洗えず、

ずっと使っていたら汚そうって思いませんか??

 

洗えないのはデメリット??

珪藻には自浄効果あるため

基本的に手入れとしては天日干しになります

天気の良い日に10分から15分程干せばよいそうです。

しかしここで注意点があり

珪藻土バスマットであれば、高温になる場所に

置いておくと反ってしまい、
それが割れにつながりますので、

たいていのものは陰干しがおすすめです。

出典:生活駆け込みサイト

カンカン照りでの天日干しは

マットが反って割れてしまい

使えなくなってしまうので気を付けたいですね。

また吸収力が低下してきた際の手入れとしては

マットの表面をやすりで削るといいでしょう!

やすりで削ることでまた吸収力が復活し、

表面についた汚れや皮脂をとることができるので

定期的なメンテナンスを心掛けたいですね。

 

まとめ

普通の布製のバスマットに比べて

値は少々張り、割れてしまう可能性がある

デメリットはあるものの、吸収性は抜群で

濡れているバスマットを使わなければならない

ストレスから解放され、雨の日にバスマットが

乾かないという心配もなくなります(^^♪

 

珪藻土バスマットを使い始めて約1か月ほどですが

“一番風呂は気持ちがいい“のと同様に

バスマットも一番に使うのが気持ちがいいものです

常に乾きを提供してくれる珪藻土マットはもう手放せません!!

みなさんにもぜひぜひ珪藻土マットの使い心地の良さを

味わっていただければと思います!(^^)!