皆さん、こんにちは!

最近かなり寒くなってきましたね。

私は、外に出るたび毎回ホットコーヒーを買ってます。

また、「寒い」季節と言えば、温泉が一番気持ち良い時期ですよね!

そこで、今回はヨーロッパのとある温泉大国を特集してみました。

 

温泉大国〇〇〇〇〇とは…

img6b8eeed3zik6zj

出典:写真共有サイト「フォト蔵」

〇の答えは…“ハンガリー”です!かなり意外ですよね。そもそも、ハンガリーについて詳しく知っている方は少ないと思いますが、特に首都のブタペストでは、100を超す温泉と50近くの浴場があります。

歴史的な温泉、遺跡のような温泉から近代的なSPAまで多種多様です。

日本の温泉とはまた一味違った良さがあり、魅力的です。

 

 

1.ゲッレールト温泉

20150202073217_557931719_10810_9

出典:ブダべスト旅行ガイド。観光情報満載!|北欧トラベル

ゲッレールト温泉にはぬるめの屋内風呂、露天風呂、屋内プールがあります。全て石造りで、上の画像は屋内プールです。この温泉は、ホテルの一部で外国人観光客が多く、ヨーロッパらしい芸術的なモザイク、色ガラスの窓、彫刻が特徴です。

ヨーロッパのアンティーが好きな方やゴージャスな気分を味わいたい方にはお勧めです!

 

 

2.ルダシュ温泉

r0017190-thumb-300x225-26106

出典:ブダペスト特派員ブログ|地球の歩き方

ルダシュ温泉は、1566年に建てられた歴史あるドーム状のトルコ式温泉です。曜日ごとに男女別、混浴となっています。また、単価硫黄水素を含む湯が関節痛などの運動障害、飲めば胃腸炎や肝臓病に効果をもたらしてくれるそうです。

サウナも完備されており、温泉の温度も高めなので日本人に馴染みやすいかと思います。

 

 

3.へーヴィーズ温泉

src_10329613

出典:『2007ハンガリー Vol.7へーヴィーズ:温泉湖で娯楽』

実は、この温泉全体は湖でその広さはなんと4万7000平方キロメートルで東京ドームに匹敵する広さ。周囲にはホテルが集まる温泉リゾート地となっています。温泉と言っても、水温は30℃程度とかなりぬるめです。温泉の一番深いところで36mもあるそうなので、浮き輪を利用してはいるのが一般的なようです。

かなり広く、開放感のある空間なので温泉でゆったりとするだけでなく、アクティブに泳いでみたいという方にはぴったりかもしれませんね!

 

 

いかがでしたか?どれも日本にはないタイプの温泉ですよね。今までのように日本式の温泉に浸かるのも良いですが、旅行でもしハンガリーに行く機会があれば是非、上記の温泉を訪れてみてはいかがでしょうか?