毎日寒くて、気づけばもう12月。

本格的な冬になってきましたね。

冬になると冷えた体をお風呂で温めて

体の芯からぽかぽかに温まりたいものです。

まったりお風呂に浸かる時間がとても幸せに感じますよね。

入浴剤を入れたりゆず湯にしたりと

お風呂に混ぜるものはたくさんあり、

人それぞれお好みのお風呂があるかと思います。

今回は何風呂がどのような効果があるのか

4つピックアップしてそれぞれご紹介したいと思います。

毎日湯船に何も入れないさら湯のあなたに、

この記事を通して自分にぴったりのお風呂が見つかれば幸いです(^^)

 

1.ゆず風呂

昔から馴染みのあるゆず風呂は冬至の日に入れ、

一年中風邪をひかなくなったり、邪気を払ってくれると言われています。

 

ゆず風呂の効能効果は

・血行促進

・冷え性の予防、改善(保温効果)

・新陳代謝の促進(美容効果)

・リラックス効果

・美肌効果

・老化防止(アンチエイジング)

出典:入浴剤情報のご案内

 

ゆずを入れるだけでこんなにたくさん良い効果があるので試してみたいですね。

しかしゆずの成分は刺激が強いため肌が敏感な方は入れすぎに注意です!

また、ゆずをあまり買わない方も多いと思います。

実はみかんの皮にもゆずと同じような効果があるんです!!

我が家ではゆず代わりにみかんの皮を使っています。

冬の時期ならどのご家庭にもみかんはあるのではないでしょうか(^-^)

 

2.りんご風呂

りんご風呂はあまり聞いたこと、見たこと、入ったことがないのでは?

ゆずの香りとはまた違って

りんごの甘い香りでまったりとリラックスできそうですね。

でもそんなりんごにもしっかり効果があります!

 

りんご風呂の効能効果は

・疲労回復効果

・精神効果、リラックス効果

・美肌効果

・冷え性の予防、改善

・血行や新陳代謝の促進

出典:入浴剤情報のご案内

 

このようにたくさんの効能効果がありオススメなのですが、

食べずにまるごとりんごを入れるのはなんだか気が引けますよね、、、。

しかし、りんご風呂は丸ごと入れる他にもいくつか作り方があります(^-^)

 

りんご風呂の作り方

1.りんごを2個から3個をスライス、もしくはくし切りにしてそのまま湯船に浮かべる。
2.りんご本体を入れるのがもったいなければ、りんごを切った後の皮や芯の部分を、ネットなどに入れて浮かべるだけでも効果がある。
3.りんご風呂の効能を高めたい場合は、ミキサーやジューサーなどでジュース状にしてから布袋に入れて湯船に入れると良い。

出典:自宅でまったり温泉気分!

りんご風呂を行う際にも注意点があり、

肌が弱い方は皮を使用する場合、無農薬のりんごを使用するようにしてください!

 

3.昆布風呂

 

えっ!昆布風呂なんて見た目も悪そうだし、

なんだかあまり試したくないと思ったあなた!!

昆布風呂はゆず風呂、りんご風呂では得られない効能効果があります!

昆布といえば“ヌルヌル”、このぬめりが冬の大敵カサカサ肌に

効果抜群なのです!!

 

昆布風呂の効能効果は

・美肌効果(美容効果)

・吹き出物対策

・ニキビ対策

・冷え性の予防・改善

・育毛、発毛の効果

・保湿効果

出典:入浴剤情報のご案内

 

特に保湿効果!!昆布のヌルヌル成分は肌にいいため、

お風呂の際に使用することで保湿が行われます。

すでにインターネットではお風呂用の昆布が売っていました(^O^)

↓↓↓

 

実際、昆布風呂を行うとき昆布をどうしたらよいのか?

気になるのは昆布風呂の作り方ですよね!

 

昆布風呂の作り方

昆布をそのまま入れても良いのですが、

ひと手間加えるとより効果を高めることができます。

1.乾燥昆布を5cm角に切る。
2.ひとつかみ分(約15g)を布袋などに入れ口を縛る。
3.鍋に2とかぶるくらいの水を入れ、水から煮出し沸騰したら煮汁ごと湯船に入れる。

出典:からだクロワッサン

昆布のぬめりでカサカサ肌に潤いをあたえて

しっとり肌をゲットしちゃいましょ(^O^)

 

4.日本酒風呂

 

この日本酒風呂なんと女優「長澤まさみ」も

美の秘訣として実践しているそうです!!

そんな日本酒風呂にはどのような効果があるのか?!

 

日本酒風呂の効能効果

・血行や新陳代謝も促進

・疲労回復効果

・風邪の予防

・肩こりの解消

・美肌効果

・水虫予防

出典:入浴剤情報のご案内

 

この中でも特に効果が絶大なのは、ポカポカ効果!!

アルコールの力で血行を促進させ体の芯から温まることができます。

日本酒といっても種類にそこまで強くこだわる必要はなく、

安物の日本酒でも十分効果があります。

ただし、合成酒は効果が期待されないので避けましょう!

湯船に日本酒を注ぐだけなので簡単にできそうですね(^^)/

しかし実際どのくらいの量の日本酒を入れればよいか疑問ですよね?

 

日本酒風呂の作り方

1.いつも入浴するのと同じ湯量、温度でお風呂を沸かす。
2.自分好みの湯加減になったら、日本酒5合(0.9リットル)を湯船に入れ、よくかき混ぜて入浴する。
(日本酒の量はあくまでも個人差がある)

※酒風呂は洗浄力が非常に強いので、湯上りにはお湯の汚れがひどくなります。

また、皮膚病などの病気をお持ちの方には、刺激が強い場合があるので注意しましょう。

出典:道家道学院

特に女性の場合、日本酒を入れすぎて体がお酒臭くなるのは嫌だと思います。

まずは、2~3杯からはじめて好みの量を見つけるとよいでしょう。

日本酒風呂はゆず、りんご、昆布など固形物を入れるのではなく

液体を入れるだけなので日本酒を入浴剤代わりに使えそうですね(^-^)

 

まとめ

今晩試したくなる〇〇風呂は見つかったでしょうか?

私はお風呂からあがり、

布団に入って寝る頃には足先が冷えてしまい

いつも足をコスコスして温めて寝ています(笑)

なので今晩から日本酒風呂に浸かって

足の末端までしっかりぽかぽかにして眠りにつきたいと思いますZzz

 

さっぱりリフレッシュしたい方は、ゆず風呂

甘い香りでリラックスしたい方は、りんご風呂

冬の悩みカサカサ肌を潤したい方は、昆布風呂

体の芯までポカポカに温まりたい方は、日本酒風呂

ここでは、4種類のお風呂を紹介しましたが、

このほかにもたくさんのお風呂レシピがあり、

きっとあなたにぴったりのほっこり風呂が見つかると思います(^^♪

ぜひぜひお試しください♡♡