みなさん、こんにちは!さやぴよです(‘ω’)ノ

私が記事を書くのも3回目です!なんだか早いですね~~

時の流れを感じます(*’ω’*)

さてさて、今回のテーマは・・・「スベスベの素敵なBodyになろう」についてです!

みなさんは普段、お風呂で体を洗う時どんな順番で、どんな洗い方をしていますか?

どんなグッズを使っていますか??

お風呂に入る際、ほとんどの女性は身体と髪の毛、顔を洗いますよね♪

毎日同じ繰り返しを行っているので同じ洗い方をしているのではないでしょうか??

もしかしたらスベスベBodyに遠ざかっているかも?!?!

なので、今回は正しい身体の洗い方について知り、普段の身体の洗い方について

見直していただけたらなぁと思います(^O^)/

また、女性ならではの悩みであるデリケートゾーンの洗い方についても

載せたので見てみてください♪

それではご覧ください

 

正しい洗い方

 

正しい洗い方、ご存知ですか?

洗い方に正しいとかあるの?と思う人もいますよね

実はみなさんのその洗い方!まちがっているのかもしれませんよ~!

 

body

出典:MARBLE

 

★身体はいちばん最後に洗う
→いちばんはじめに身体を洗ってしまうと、次に髪を洗った際に、シャンプーやリンス等のすすぎ残しが身体に付着したまま残ってしまうことがあります。
★シャワーの温度は、40℃以下に設定する
→熱いお湯は身体の皮脂を必要以上に洗い流してしまい、肌が乾燥しやすくなることもあると言われています。
★身体を洗う前は、十分にかけ湯をする
→あらかじめ身体にお湯をかけてあげることで、身体の表面についている汚れや皮脂が浮き、汚れをしっかりと落としやすくなります。また、ボディソープの泡立ちがよくなるという嬉しいメリットもあります。
★手または柔らかい素材で身体を洗う
→硬めの素材のタオルやブラシなどを使ってゴシゴシ洗ってしまうと、肌に摩擦がおきてしまうこともあります肌が敏感な方は、特に肌への負担が大きくなりがちです。
★身体を洗うときは、力を加えずやさしく洗う
→お風呂に入っている時の身体はとても傷つきやすい状態になっています。その繊細は状態の肌をゴシゴシと強い力で洗ってしまうと、肌のきめが乱れ、なめらかさを失ってしまうこともあります。肌のきめが乱れると、角質層の水分も蒸発しやすく、肌の乾燥を誘発させることもあるのです。

出典:正しい身体の洗い方とは?今日のお風呂から実践開始!

最後に身体を洗うことで、リンスなどのすすぎ残しによる背中にニキビなどができにくくなるということ皮膚科の先生に聞いたことがあります。背中が汚いと女性は水着を着るときとかに見せたくないですよね(>_<)!

冬場は寒いので、どうしても40℃以上のお湯で身体を洗っていたのですが、それは逆に乾燥させていることを知り驚きました!!

今の時期寒いですが40℃以下のお湯で身体を洗いたいと思います。。。笑

普段、身体洗うときナイロン製のタオルを使用しているのですが肌によくないことをしているみたいですね・・・

まさか手で洗うことがいいとは思いもしませんでした!!!

私はけっこう間違った洗い方をしていました。笑

みなさんは、どうでしたか??1つでも洗い方を変えるだけでも効果はあるかもしれないですね(/・ω・)/

 

ボディタオルの選び方

 

ボディタオル

出典:Yahoo!ショッピング

 

1-1.素材で選ぶ
★合成繊維
→ナイロンやポリエステル素材を使用したボディタオルは泡立ちがよく、価格が比較的安価である特徴です。ただし肌に摩擦を起こしやすい素材でもあるため、デリケートになりやすい肌質の方は洗い方に気をつけなければなりません。
★綿(コットン)
→自然由来の繊維であるため肌あたりが柔らかく、肌に負担がかかりにくい素材なので比較的肌質を問わずに使用できるといわれています。ただ、合成繊維に比べて泡立ちはやや弱く、綿は吸水性がよく乾きにくいため管理を怠るとカビが生えてしまうので使用後はしっかりすすぎ、よく乾かすようにしましょう。
★絹(シルク)
→艶やかな光沢が特徴で、しっとりとなめらかな肌触りが魅力的な自然由来の素材。柔らかい質感なのでつい強くこすってしまいそうになりますが、繊維自体はしっかりとしているため、洗うときは気をつけましょう。綿同様に、泡立ちはあまり良くない。
★麻(リネン)
→シャリシャリとした肌触りが特徴で、吸水性がよく乾きやすい自然由来の素材です。綿や絹に比べて泡立ちもよく、丈夫な素材なので、しっかりと洗った実感を得たい時にもオススメ。ただし、自然由来の素材の中では繊維が硬めなため肌がデリケートに傾きやすい方は洗い方に注意が必要です。
★ポリ乳酸
→ポリ乳酸とはトウモロコシやさつまいもなどの食物からデンプンを抽出して作った繊維のことです。泡立ちがよく、乾きやすいため、ボディタオルに適した素材である。肌に近い弱酸性で、肌になじむように洗うことができるため、さまざまな肌質の方にオススメ。

1-2.形で選ぶ
★タオルタイプ
→一般的にボディタオルと呼ばれることの多い細長いタオル状のタイプです。手の届きにくい背中なども洗いやすいのが魅力の一つです。
★スポンジタイプ
→泡立ちがよく手に持ちやすいのが特徴である。スポンジのまわりをタオル地で覆っているものや、
ネットタイプのものなど、いろいろな種類があります。
★ブラシタイプ
→肌によいほど刺激を与えて血行をよくするといわれているブラシタイプは、柄のついたロングタイプとブラシ部分のみのショートタイプがあります。不要な角質をこすって洗い落としてくれることも期待できます。ただし、ブラシの繊維で肌をこするため、肌がデリケートになりやすい方は注意して使用しなければなりません。

出典:ボディタオルのおすすめ10選!バスタイムをもっと楽しもう♪

みなさんは何か気になる素材のボディタオル見つかりましたか??

私は"ポリ乳酸"素材のタオルを使ってみたいなと思いました!(^^)! ボディタオルには合成繊維や綿、麻など以外にもいろいろ素材があることを知り驚きました。

ブラシタイプは置いてある家庭は少ないのではないでしょうか??

私は祖母のお風呂にありますが、血行をよくすることができるとは知りませんでした!

今度、祖母の家に行ったら使ってみようと思います(*^^)v

 

ボディタオル

出典:楽天

購入はこちら↓↓

なめらかホイップボディタオル

 

ポリ乳酸のボディタオルが気になったので調べてみました。

気持ちよさそうな素材してそうですね(*^-^*)

価格が税込675円(2016年12月時点)で買えるみたいですね♪

他も見てみると1000円もしないで購入できるみたいなので

みなさんも是非、購入してみては??

 

女性必見!デリケートゾーンの洗い方

 

多くの女性が悩んでいるであろうデリケートゾーンの洗い方。

私もですが友達とデリケートゾーンってどうやって洗えばいいのだろうかとよく話題になります。体の洗い方のついでにデリケートゾーンの洗い方も紹介したいと思います!

デリケートゾーン

出典:ニキビ跡消す化粧水、日本人の皮膚に合わせた選び方

(1) 前から後ろに洗う
→お尻を拭くときと同様に前から後ろに向かって、優しく、ひだや構造物を洗っていくのが基本です。汚れが陰部に挟まっていることのないように十分気をつけて、かつ、こすりすぎないように洗浄していきましょう。
(2) 石鹸をしっかり泡立ててから洗う
→石鹼などの洗浄剤はしっかり泡立てて、ごしごしすらずに洗うことで、より肌あたりが優しく、汚れも適切に落としてくれます。またデリケートゾーンは粘膜で、通常の皮膚より洗浄剤に敏感なので身体を洗うボディソープとは異なるデリケートゾーン専用のソープなどを使うとより安心。
(3) 洗った後は、ぬるま湯でしっかりゆすぐこと
→ひだの隙間に石鹸成分などが残らないように、ぬるま湯でしっかりゆすぐこともとっても大切です。残ったソープの成分と分泌物が混ざったりすると異様なにおいの原因になったりすることがあるため、この点も十分気を付けましょう!膣内まで石鹸で洗おうとする方もいますが、これは必要ありません。膣内を清潔にするには、専用の膣内洗浄剤で洗う必要があります。水のみでは恥垢や雑菌を洗い流すことはできません。

★泡立てた石鹸で優しく洗う
★膣の中を石鹸で洗わないようにする
★アンダーヘアをカットする

出典:デリケートゾーンの洗い方を医師が解説!【膣内・膣外の正しい洗い方】3つのポイント!

お尻を拭くときのように前から後ろという順番があるとは思いませんでした!

ボディソープではなくデリケートゾーン専用のソープを使用しないと匂いや汚れが取れなかったりするみたいなんですね・・・

専用のソープを持っているといいかもしれません(*^_^*)

優しく洗うことは身体を洗う時でも共通ですね!

みなさんもこれを読んでデリケートゾーンの洗い方を実践してみましょう♪

 

デリケートゾーン

出典:持田ヘルスケアOnline

購入はこちらから↓↓

コラージュフルフル 泡石鹸 ピンク 300ml

 

低刺激性でパッチテスト済みは安心して使えますね。

価格は税込2.484円です。ちょっと高いですね・・・

毎日使うと、あっという間に減っちゃうかもしれませんね

なので、毎日使うのではなく週2~3回だけ使うとかにすると良いかもしれないですね(*^-^*)

 

 

 

 

 

上記の記事を読んでみていかがでしたか??

おそらく知らないことや、間違った洗い方をしている方もいたのではないでしょうか??

これを機に身体やデリケートゾーンの洗い方について見直していただけたらなぁと思いました!(^^)!

これから乾燥する時期なので、いろんな人から触られたくなるような

スベスベのBodyにしていきましょう(⋈◍>◡<◍)。✧♡

Let’s Challenge!!!!!