みなさんこんにちは。

寒い日が続き、冬が迫っていることをひしひしと実感しているふっくんです。

手足が冷えて寒気を感じることもありますが、そこでふと、「冷え性の人って冬をどのように過ごしているのだろう」と疑問に思いました。

例えば、冷えた身体を温めたいが為についつい長風呂になりがちではありませんか?

そこで、おふろでたった10分で実践できて冷え症に効く入浴法があるのでその方法をご紹介します。

 

 

冷え性の原因とは?

出典:不妊・妊活女子の冷え性改善ナビ

まず“冷え”とは、季節関係なく手足・腰・腹部・背中・肩の特定の部位に極度の冷えを生じる状態を表します。

冷えは、血行が悪くなることが一番の原因です。

生活環境や食生活、運動不足などにより血行不良になると、心臓から遠い手足から冷えが始まるのですが、実は手足を冷たく感じる“冷え”だけではなく、手足を熱く感じる冷えもあるのです。

これは、冷えが進行して起こる状態です。

この場合、熱いからと手足を冷やしてしまうと余計に熱くなってしまいますので、冷やすのではなく温めましょう

また、顔や上半身を熱く感じる「冷えのぼせ」のタイプもありこちらの原因は本来、下半身にいくはずの血行が上半身に集中してしまっているからなのです。

 

 

全身浴&ストレッチで保温効果MAX!10分入浴法

全身浴で温まる女性

出典:全身浴ダイエットの効果がすごい!お風呂で楽々カロリー消費!-カウモ

身体を温める効果が抜群な、究極の10分入浴法をご紹介。
毎日の習慣にすれば、冷え体質が改善していくはずです!

(1)肩とひじをバスタブにつけて胸を張る

41~42℃のお湯を張り、寝るような姿勢で首までしっかりつかって2分ほど入浴。

次に上半身のストレッチ。
まず、肩とひじをバスタブにつけて、胸を張った姿勢を保ってください。

 

(2)左右の肩甲骨を寄せ、5秒数える

次に、左右の肩甲骨をくっつけるようにしながら、背すじをしっかり伸ばして5秒数えてください。

これを2回ほど行ったら休憩です。ここまで5分ほど。

 

(3)あぐらをかいて両手で足先を持つ

5分たったら、下半身のストレッチをします。

湯船の中であぐらをかいて、左右の手で足の指を持ちます。

 

(4)足先を自分の方に曲げて5秒数え、最後にひざを伸ばす

足の指を自分のほうに曲げ、5秒数えたら、ひざを20秒ほど伸ばします。

これを2セットくり返しましょう。

終わったら入浴時間が10分経つまでリラックスしてから上がればOK◎

 

 

僕も試してみましたが、ちょうど10分でできるので、いつものお風呂タイムでちょっとやってみるという感じで気軽にでき、また習慣づけることで徐々に身体の冷えが改善されていきます!

冷え性で悩んでいる人にとっては朗報なので、今晩から是非試してみては!?