みなさんこんにちは、先日、授業中に小指を骨折したクリスティーンそのみです。
痛いなーと思いながら毎日頭を洗っているのですが、
そんな私のもう一つの悩み。
実は私、乾燥肌なんです。
冬になるとお風呂が痒くて仕方ありません…

今回は、どうにかしてお風呂で乾燥肌を改善したいと思い、
調べましたので、お伝えしようと思います!

 

そもそも乾燥肌の原因は?
cri_img_6021_tp_v

お風呂が原因で乾燥肌に大きな要因として、
「熱いお風呂に長く入りすぎ」と「洗いすぎ」
があります。そのため、

① ぬるめのお湯につかる

熱いお湯は皮膚への刺激が強くなり痒みを引き起こす原因になります。お湯の温度は38~40度が適温。そんなにぬるくては体が温まらないのでは?と思うかもしれませんが、ぬるいお湯でも10~15分入れば発汗し、十分に体の芯まで温まります。
乾燥肌にさようなら!カサカサを防ぐ10の正しい入浴法

あまりにも長い時間入ることも、
お肌の保湿成分がどんどん溶け出してしまうのでよくありません。

② 手で洗う

ai_img_7772_tp_v

ナイロンタオルで体をゴシゴシ洗うと、肌の潤い成分を落とし過ぎてしまいます。手で洗えば、肌の保湿成分が適度に保たれるので乾燥を防ぐことが可能。特に女性の場合は手で乳房を洗うことで乳がんのしこりを発見しやすく、一石二鳥です。
乾燥肌にさようなら!カサカサを防ぐ10の正しい入浴法

ボディーソープも毎日使うのではなく、三日に一回ぐらいで十分です!
例えば、今日は汗かいたなと思う日や、
少し気になるなと思う場所のみ
ボディーソープや石鹸を使ってみてください!

③ シャワーの圧力は弱く

takebe160224090i9a0695_tp_v

シャワーだけかけてもある程度浴室内が清掃できると言われているくらい、シャワーの洗浄能力は高いものです。水圧が強ければ強いほど必要以上に肌を洗浄してしまいますから、肌への刺激を防ぐためシャワーの水圧を緩く、温度も低く設定しましょう。
乾燥肌にさようなら!カサカサを防ぐ10の正しい入浴法

顔は、特にデリケートな部分ですので、シャワーで洗い流すことはせずお湯を手ですくって洗い流すようにしてください!

参考:お風呂上がりに「肌が乾燥してかゆくなる・・」の原因と解決法!

いかがでしたでしょうか?

冬はついつい熱いお風呂に入りたくなってしまいますが、
乾燥の原因になってしまいますので我慢しましょう。
乾燥するから、化粧水や乳液でケアしなければ!
と思っている方も、
お風呂の入り方を少し工夫するだけで改善するかもしれません!
是非お試しください!