皆さん、おふろに入っているといきなり「神ってる」アイディアが浮かんで来たりしませんか?

僕は何度か経験があります!!

そんな経験をしている人は僕だけではなかったのです。

なんと歌手のmiwaさんもおふろの中でメロディーが浮かんできたことがあるそうです!!

今回はそんなおふろで誕生したmiwaさんの曲を紹介します。

 

 

『ホイッスル~君と過ごした日々~』

41gv7e4inpl

amazon

 

 

 

 

miwa10枚目のシングルとしてリリースされ、「第91回全国高校サッカー選手権大会」の応援歌となっており、実際に高校サッカーの予選を観戦し、歌詞を書き上げていった曲です。

 

また、上記の決勝戦の前に彼女が国立競技場で歌っていた姿がとても印象的でした。

 

マネージャー目線になって書かれたであろう歌詞がとても胸に刺さり、青春時代になにかに夢中に取り組んだ経験がある方なら、聴くと目頭が熱くなる曲となっています。

 

素人の僕が、歌に対して評論を書いてしまいすみません!

 

本当に素晴らしい歌で、言い方は失礼ですがとてもおふろの中で作られた曲には思えないので、疑っていらっしゃる方、安心してください、ちゃんと本人のコメントがありますよ!

 

 

『ホイッスル~君がくれた日々~』は本当におふろで作られていた!

井上:お次の6曲目は正当派バラードの「ホイッスル~君と過ごした日々~」。

miwa:ヒカリヘの次のシングルということだったのでプレッシャーが半端なかったのを覚えています。ヒカリヘで私を知った人たちはあの曲のイメージを強く持っているからこういったバラードが受け入れてもらえるかなとか。結構悩みましたけど、高校サッカーのお話しを頂いたのもあり、きっちり想いを伝えるために正統派なバラードでいきました。

井上:制作は大変でした?

miwa:この曲実は普通の小さなリハーサルスタジオで作ったんです。完全に初体験でした(笑)。お風呂でメロディが思い浮かんだのですが、アカペラの状態だったので、その後スタジオに入ってあーでもないこーでもないと言いながらパソコンに入れ込んでいって作ったんです。

井上:miwaちゃんがそんな場所で曲作りしたのは意外ですね。

miwa:名曲が生まれる為に必要なのは場所じゃないなってことですよね(笑)。こんなところじゃ作れないとか言い出したらただのいいわけですからね。

井上:名言出ました!!(笑)。

miwa:でもパソコンが止まりまくってイライラはしましたけど(笑)。

井上:せっかちだからね(笑)。

miwa:それはいつまで経っても治らないですね(笑)。

渋谷eggman

本人のコメントより有力な情報はないですね(笑)

おふろで生まれたメロディーを実際に形にする難しさを実感されたみたいですね!

ただ、スッと急に生まれたメロディーを採用する決断力の凄さは尊敬しますね。

では、おふろで浮かんだメロディーをどのように録音したのでしょうか?

その答えは…

 

 

おふろで浮かんだメロディーの録音の仕方

皆さんならどんな風に録音をしますか?

僕なら…と僕の意見はどうでもいいですね(笑)

miwaさんがどのようにメロディーを録音したのかは↓の動画を観てください!

 

録音の仕方はまぁまぁ普通でしたね(笑)

ただ、その後に語られてるおふろへの熱い思いを聴き、おふろに対しての愛を感じました!

 

 

最期に宣伝になりますが(笑)

以前miwaさんに関する記事を書いているので興味のある方は是非↓の記事を読んでみてください!!

【話題のあの歌手も実践!?】足湯のススメ!!

 

 

一般人の僕たちですら、おふろの中でアイディアが出てくるので、アーティストの方がおふろで歌詞やメロディーが浮かんできても不思議ではないですよね!

もしかしたら、今あなたが聴いている曲も誰かがおふろに入りながら思い浮かんだ曲かもしれませんよ!!